Skip to content

did_challenge

次のchallengeに移る前に処理をします。

sleep

指定した時間、待機します。

Config

Definitions

Key Type Description Example Default
min float 待機時間 の下限値 0.1
max float 待機時間 の上限値 1.0

待機時間について

待機時間はminからmaxの範囲でランダムに決定されます。
固定値にしたい場合はminmaxに指定したい値を設定してください。

Examples

ランダムで0.1~1.0秒待機する
did_challenge:
  - name: sleep
    config:
      min: 0.1
      max: 1.0
0.5秒待機する
did_challenge:
  - name: sleep
    config:
      min: 0.5
      max: 0.5

tag

リクエスト結果ごとにタグを設定します。

Config

Definitions

Root
Key Type Description Example Default
conditions Condition[] タグの値と条件
Condition
Key Type Description Example Default
tag str 付与するタグ tag: {{ one.type }}
when str 条件式
"name == 'hoge'"

tagおよびwhenについて

jinja2の表現を利用できます。
プロパティは以下を使用できます。

key Type Description
trial Trial テスト結果
res_one Response oneのレスポンス情報
res_other Response otherのレスポンス情報

tagはテンプレート部分を{{ }}で囲む必要があります。
一方、whenは式であるため{{ }}で囲む必要はありませんが、代わりに文字列はクォートで囲って下さい。

Examples

Trialのnameがjsonのとき、jsonというタグを付ける
did_challenge:
  - name: tag
    config:
      conditions:
        - tag: json
          when: "trial.name == 'json'"
それぞれのレスポンスタイプをタグとして付ける
did_challenge:
  - name: tag
    config:
      conditions:
        - tag: "tag:{{ trial.one.type }}"
        - tag: "tag:{{ trial.other.type }}"