Skip to content

store_criterion

APIレスポンスを保存する基準を決定します。

general

レスポンスの保存基準を決める標準アドオンです。

Config

Definitions

Key Type Description Example Default
statuses Status[] レスポンスを保存するステータスのリスト [different]
Status
Name Description
same 結果を同一とみなす
different 結果を同一ではないとみなす
failure リクエストを失敗とみなす

Examples

差分のあるレスポンスだけを保存する
store_criterion:
  - name: general
    config:
      statuses:
        - different
成功したリクエスト結果だけを保存する
store_criterion:
  - name: general
    config:
      statuses:
        - same
        - different

free

細かな条件を指定してレスポンスの保存基準を決めることができます。

Config

Definitions

Key Type Description Example Default
when_any str[] jinja2の式に準拠した条件式
'"2" in req.path'

when_anyで指定できるプロパティ

key Type Description
status Status ステータス
req Request リクエスト情報
res_one Response oneのレスポンス情報
res_other Response otherのレスポンス情報
Status
Name Description
same 結果を同一とみなす
different 結果を同一ではないとみなす
failure リクエストを失敗とみなす

Examples

pathが/testまたはステータスがSameの結果は保存する
store_criterion:
  - name: free
    config:
    when_any:
      - req.path == '/test'
      - status == 'same'