Skip to content

reqs2reqs

リクエストを変換します。

リクエストの先頭部分を抽出します。

Config

Definitions

Key Type Description Example Default
size int 抽出するリクエストの数 10

Examples

先頭の10リクエストを抽出する
  reqs2reqs:
    - name: head
      config:
        size: 10

filter

条件に一致するリクエストのみを抽出します。

Config

Definitions

Root
Key Type Description Example Default
when str 条件式
"qs.id.0 == 1"
when

jinja2の表現を利用できます。
プロパティはrequestで定義されたものを使用できます。

Examples

pathにokが含まれ かつ nameにOKが含まれるリクエストのみ抽出する
  res2res:
    - name: filter
      config:
        when: ('ok' in path) and ('OK' in name)

add

先頭または末尾にリクエストを追加します。

Config

Definitions

root
Key Type Description Example Default
reqs Request[] 本設定を反映させるRequestの条件
location (Location) 先頭と末尾どちらに追加するか tail head
Location
Name Description
head 先頭
tail 末尾

Examples

末尾に/rest/sample?word=hogeというリクエストを追加する
  reqs2reqs:
    - name: add
      config:
        reqs:
          - path: /rest/sample
            qs: {word: [hoge]}
        location: tail

replace

条件に一致するリクエストを置換します。

Config

Definitions

Root
Key Type Description Example Default
items Replacer[] 置換設定のリスト
Replacer
Key Type Description Example Default
when (str) 条件式
"qs.id.0 == 1"
queries dict[str[]]) 置換するクエリ
{"a": [1], "b": [2, 3]}
headers dict[str] 置換するヘッダ
{"header1": 1, "header2": 2}
when

jinja2の表現を利用できます。
プロパティはrequestで定義されたものを使用できます。

queriesheadersについて

リクエストに存在しないクエリやヘッダの場合は、設定した値が追加されます

Examples

pathが/targetと一致するリクエストのクエリを置換する (id=dummay_id, time=dummy_date)
  reqs2reqs:
    - name: replace
      config:
        items:
          - when: "path == /target"
            queries:
              id: ["dummy_id"]
              time: ["dummy_date"]

shuffle

リクエストの順序をシャッフルします。

Config

Definitions

Config設定はありません。

Examples

リクエストをシャッフルする
  reqs2reqs:
    - name: shuffle

repeat

リクエスト全体を指定回数だけ複製します。

Config

Definitions

Key Type Description Example Default
times int 複製する数 10

Examples

リクエスト全体を10回複製する
  reqs2reqs:
    - name: repeat
      config:
        times: 10

empty_guard

リクエストが空の場合に処理を中断します。

Prerequirements

Slackの場合

環境変数 SLACK_INCOMING_WEBHOOKS_URLIncoming webhookのURIを設定して下さい

Config

Definitions

root
Key Type Description Example Default
notifies (Notify[]) 処理を中断する時の通知設定
Notify
Key Type Description Example Default
notifier string 使用する通知設定の名前 jumeaux
message string 送信するメッセージ
{{ title }}を中断しました

notifierについて

通知設定の例は config/examples を参考にしてください。定義は notifier の通りです。

messageついて

Template表記に対応しています。
プロパティはConfigurationで定義されたものを使用できます。

Examples

リクエストが空の場合に処理を中断する
  reqs2reqs:
    - name: empty_guard
リクエストが空の場合にnotifier jumeauxを使用して通知 および 処理の中断をする
  reqs2reqs:
    - name: empty_guard
      config:
        notifies:
          - notifier: jumeaux
            message: "{{ title }} notify!"

notifier: jumeauxについて

Jumeauxのconfigに以下のような設定が必要です。

notifiers:
  jumeaux:
    type: slack
    channel: "#jumeaux"
    username: jumeaux
    icon_emoji: "jumeaux"

rename

条件に一致するリクエストの名称を変更します。

Config

Definitions

Root
Key Type Description Example Default
conditions Condition[] 変更値と条件
Condition
Key Type Description Example Default
name str 変更後の名称
{{ name }} ({{ path }})
when str 条件式
"qs.id.0 == 1"

nameおよびwhenについて

jinja2の表現を利用できます。
プロパティはrequestで定義されたものを使用できます。

nameはテンプレート部分を{{ }}で囲む必要があります。
一方、whenは式であるため{{ }}で囲む必要はありませんが、代わりに文字列はクォートで囲って下さい。

Examples

pathにtargetという文字列が含まれる場合にrenamedへ名称を変更する
  reqs2reqs:
    - name: rename
      config:
        conditions:
          - name: renamed
            when: "'target' in path"
複雑な条件
  1. pathが小文字のアルファベット3文字である場合はGOODへ名称を変更する
  2. 1に該当せずidが1つだけ指定されており、かつ2より大きい場合は<クエリのid>: <元の名称>へ名称を変更する
    2-1. 例えばid=4で名称がhogeのとき、新しい名称は4: hogeとなる
  3. 1と2に該当しない場合は名称を変更しない
  reqs2reqs:
    - name: rename
      config:
        conditions:
          - name: "GOOD"
            when: "path|reg('[a-z]{3}')"
          - name: "{{ qs.id.0 }}: {{ name }}"
            when: "qs.id|length == 1 and qs.id.0|int > 2"